40代の自分的あれこれ 時々スピリチュアル

「生負の法則」Dr.ジョン・F・ディマティーニ レビュー

ディマティーニ・メソッドという言葉を
聞いたことがある方も多いかもしれません。

c0367646_11544032.jpg

ディマティーニ・メソッドとは
物事へのアンバランスな偏見を
本来のバランスのとれた状態に戻すメソッドです。

ネガティブな状態をニュートラルに
ポジティブな状態をニュートラルに戻します。

プラスorマイナスではなく
一方に偏ることのないバランスでいる時こそ
私たちが本来の自分(リラックスした自然な状態)で
最高のパフォーマンスを発揮することができるという考え方。

です、ざっくり言うと。

要はバランス思考でいること。

自分が極端にプラス思考だったり
マイナス思考な人ならこのメソッドは
役に立つかもしれないけど
もともとバランスの取れている人なら
あまりピンとこないかもしれませんね。

人生の良い面も悪い面も
嬉しいことも悲しいことも理不尽なことも
全てを受け入れて生きている人には
もはや必要ないかもしれません。

そういう人は、すでに他人への期待や
自分が作り出したこだわりを手放して
楽に人生を生きているでしょう。

※スピリチュアルな観点からのみならば
同じような生き方を書かれた本では
「自分のための人生~W・ダイアー著」の
「錯信帯を持たない人」の生き方の方が参考になるかもと思います。

しかしながら、この「生負の法則」は
スピリチュアルの落とし穴的なことが書いてあって

例えば実際に、誰かが見返りを求めず多額の寄付を
恵まれない人へ与えたとします。
見返りを求めていないのだから、そのお金がどう使われても
与えた方は当然気にしないはずです。
でも、もしそのお金を目の前で燃やされたとしたら?
与えた人はどう感じると思いますか?
何か正当なことに使って欲しかったと思うのではないですか?
と言うことです。

見返りを求めない無償の愛は高潔なものだけど
本当の部分では見返りを求めている自分を認めて
そんな自分を受け入れて許しましょう、という
けっこう現実的な内容が書かれています。

スピリチュアルに傾きすぎている人が読むと
最初は違和感があるかもしれないけど
それこそ現実と精神性のバランスが取れ
良い意味で中間に戻れるかもしれません。

本書の中の第7章、「夢の実現」は
個人的には、かなり具体的で参考になりました!

私は「引き寄せの法則」は絶対あると思ってますし
実際にたくさんのことを引き寄せていますが、
引き寄せがうまくいかない人の話はよく聞きます。
引き寄せられない人たちがこの本を読むと
もしかしたら何かヒントをつかめるかもです。

ではまた☆





私のブログを読んで頂いて有難うございます。嬉しいです。
ランキングに参加しています♪
ポチッと応援して頂けると励みになります053.gif




[PR]
by senasanasena | 2015-06-17 13:51 | お気に入りの本
<< 私の宝地図 カウンセラーの勉強、始めました! >>



アラフォーの日記です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
ブログジャンル
その他のジャンル
メモ帳
検索
ライフログ
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
最新のトラックバック
ブログパーツ